椎間板ヘルニア

このページでは椎間板ヘルニアの原因と症状、そして治療法を調べています。

椎間板ヘルニアの原因・症状・治療法

ヘルニアイメージさまざまな症状を引き起こす椎間板ヘルニア。特徴的な症状の一つに、お尻から足にかけて痛みやしびれが現れる坐骨神経痛があります。片側だけの場合がほとんどですが、両側に現れることもあります。咳やくしゃみをしただけで激痛が走ったり、ひどくなると、感覚障害や、排尿・排便障害などを引き起こすこともあります。代表的な症状をいくつかあげてみます。

  • しばらく歩くと下肢のしびれや痛みで歩けなくなるが、休憩すると症状がなくなる
  • 前傾姿勢で、痛みやしびれを覚える
  • 座った状態から立ち上がるのがきつい
  • 足の動きが重く、感覚が鈍い

そもそも椎間板って何?

人間の背骨は、椎骨という骨が連なってできています。その椎骨と椎骨の間に、軟骨終板という薄い膜を介して存在しているのが椎間板です。衝撃を吸収するクッションの役割や、背骨がスムーズに動くようにサポートを担っています。

椎間板は円盤状をしており、中心に、衝撃を吸収するゼリー状の髄核があって、その周りを、帯状のシートが10~20もの層になって取り囲んでいます。

この組織は線維輪と呼ばれ、一層ごとに線維の方向が互い違いになっているので、丈夫で、前後左右やひねりなど、さまざまな方向からの負荷に対応できるようになっています。椎間板には常に負荷がかかっている状態なので、体のほかの部位より老化が早く、10代後半から始まるといわれています。

その原因

椎間板ヘルニアは、特に20~40歳代に多く、中でも男性の発症が女性の2~3倍とされています。加齢や、日常の動作、激しいスポーツ、喫煙による血流の悪化などにより、発症を招きます。また、遺伝が関係している場合もあるといわれます。

椎間板は、脊椎を形成する椎骨と椎骨の間に存在します。椎間板の中心にはゼリー状の髄核があり、そして髄核の周りを線維輪という組織が取り巻いているのですが、その線維輪が損傷し、中の髄核が飛び出して神経に接触することで、圧迫や炎症が起き、しびれや痛みが現れるのです。髄核は、非常に水分含有量が多く弾力性に富んでいますが、加齢とともに徐々に水分量は減っていきます。それにともなって衝撃を吸収する能力も落ち、周りの線維輪にかかる負担が大きくなることで、小さな亀裂が入ります。こうやってだんだんと亀裂が広がり、髄核が飛び出してしまいます。中には、線維輪も一緒に飛び出すケースもあります。

椎間板ヘルニアは、第4腰椎と第5腰椎の間に多くみられます。この場所が、腰の一番動きの多い部分であり、常に大きな負担がかかっているためです。そしてこの部分は坐骨神経とつながっているため、腰椎椎間板ヘルニアの特徴的な症状である坐骨神経痛を引き起こすのです。

その治療法

椎間板ヘルニアと診断された場合、以下の2つから、患者に適した診療法が進められます。

★保存療法神経ブロック麻酔を注射して痛みを和らげたり、投薬や牽引などの方法で治療を行って経過を見ます。

★手術療法…保存療法が効かない場合や、脚に麻痺が出てきた場合に適用。メスやレーザーによってヘルニアを切除します。

近年は、ヘルニアが縮むなどして数年の間に自然治癒するという研究報告も、数多く発表されています。排便障害など重篤な症状が出ていない限り、まずは保存療法が選択されることになるでしょう。

保存療法について少し詳しくみていくと、薬物療法、神経ブロック、理学療法という3つが主になります。軽症であれば、多くの場合、鎮痛・消炎効果のある非ステロイド性抗炎症薬と筋緊張弛緩薬とを併用することで効果を得られ、さらに座薬を併用することで、身動きできないほどの痛みでも改善されることがあります。しかし効果がなければ、さらに効き目の強い薬を用います。それでも痛みが抑えられないようであれば、神経やその周辺に局所麻酔薬を注入し、痛みを取り除く、神経ブロックという方法が使われます。その効果の出方が、のちの診断の重要な材料となります。理学療法は、牽引やマッサージ、温熱療法などですが、いずれも、症状が落ちついてから取り入れられます。

椎間板ヘルニアは、自然に治癒する場合もありますが、重症化すると、排尿・排便障害や、下半身の麻痺にいたることがあります。痛みが消えても麻痺が進んでいるような場合は早期の手術が必要になるなど、医師の判断を仰ぐことが大切です。

早期治療を心がけよう

椎間板ヘルニアは早期治療により進行を抑えることができます。また一旦治癒しても、再発の可能性があるので、腰に不安のある方は、日常生活の中で予防を心がける必要があります。

★適度な運動…専門医から指導された体操や運動を行います。ハードな運動は逆効果の場合もあるので、要注意。

★腰痛ベルト・コルセットを装着する…腹筋・背筋をサポートし、痛みの出る動作や姿勢を抑えるのに役立ちます。

★サプリメントの摂取…椎間板やその周辺の軟骨を丈夫にする成分(グルコサミンなど)の摂取を習慣化する。

 上記のような方法を実践し、椎間板ヘルニアの症状を悪化させないようにしていきましょう!

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報