変性側弯症

多くの原因があるといわれる側弯症。その中でも、変性側弯症を取り上げ、原因や症状、治療法などを紹介します。

変性側弯症の症状・原因・治療法とは

前後から見るとまっすぐに連なっているはずの椎体がずれて、背骨が左右に曲がってしまう状態を側弯症といいます。その中で、加齢によるとされるのが変性側弯症です。主な症状としては腰や背中の痛みですが、椎体が変形したり、脊柱(背骨)のねじれをともなったりしてくると、下肢のしびれや痛み、筋力低下などを招き、日常生活に支障をきたすことがあります。

その原因

変性側弯症は、加齢により椎間板や椎体関節が変性し、椎体を支える力が弱くなってしまうことで椎体が左右にずれることが原因です。多くの場合ねじれをともない、また、椎体の変形があったりして神経を圧迫すると、しびれや痛みを引き起こします。加齢が原因ですので、高齢者に多くみられます。

側弯症は、原因が100種類以上もあるといわれます。背骨に問題はなく、姿勢の悪さや、椎間板ヘルニアの痛みなどからくる場合もありますが、それらを除いた、背骨の疾患としての側弯症のうち、80%以上は特発性とされます。特発性とは、原因が分からないという意味です。特発性側弯症は低年齢でも発症しますが、思春期の女子に圧倒的に多くみられ、成長とともに進行していく場合もあります。

その治療法

側弯が進行すると、症状が悪化したり、体のバランスが悪くなったりして日常生活に支障をきたします。治療は以下のような方法で行います。

  • 保存療法コルセットで安静を保ち、あわせて運動療法や牽引を取り入れるなどします。しびれや痛みがある場合は、内服薬の投与を。ひどい場合は神経ブロックを行います。

  • 手術療法…症状が強い場合は手術をすることもあります。除圧術と固定術があります。

保存療法として、コルセットを用いた装具療法を行います。コルセットを着けていると筋肉が弱りやすいため、それを防ぐために、補助的に運動療法を取り入れたりします。痛みがひどく、内服薬で効果がなければ神経ブロックを行いますが、これは局所麻酔薬を注入することによって痛みをとる方法です。

手術療法は、変形した骨を削ることで神経への圧迫を取り除く除圧術でよくなる場合もありますが、曲がり方や圧迫の状態によっては、骨を固定する手術が必要になります。

悪化予防のために…

側弯症は、その原因によって「○○側弯症」と呼称が変わり、それらは機能性側弯症と構築性側弯症とに大別されます。変性側弯症は後者です。機能性側弯症は、習慣的な姿勢の悪さや椎間板ヘルニアの痛み、骨盤の傾斜などによる外的要因によるものなので、そういった原因を取り除けば改善されますが、構築性側弯症は背骨そのものの疾患なので、姿勢の矯正や生活習慣の見直しなどでは改善されません。つまり、そうすることで曲がった背骨が伸びるということはありません。ですが、変性側弯症の症状である腰痛を悪化させないためにも、腰に負担のかからない生活をすることは大切です。

きちんと医師の診断を受け治療をすることで、側弯の進行を防ぎ、症状を悪化させないようにしましょう。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報