脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管が狭くなって起きる腰部脊柱管狭窄症。その原因や症状、治療法などについてまとめてあります。

脊柱管狭窄症の症状・原因・治療法とは

腰部脊柱管狭窄症には、 大きく分けて3つのタイプがあります。

  • 馬尾型…両下肢の広範囲のしびれや痛み、麻痺といった症状が現れる。進行すると、排尿障害、排便障害、肛門付近の感覚異常や、意図しない勃起などが起こることもある。

  • 神経根型…臀部から下肢に痛みやしびれが現れる。片側に症状が出ることも多い。

  • 混合型…上記2つの症状が両方出てきているタイプ。

これらに加えて、共通した典型的な症状としては間欠跛行があげられます。しばらく歩くと下肢にしびれや痛み、脱力感などを感じて歩けなくなり、しゃがんだりして休むと、症状が治まってまた歩けるようになるといった状態を繰り返すことです。脊柱管狭窄症においては、腰痛は出る場合と全く出ない場合があります。どのタイプも軽度の時には安静時には症状はなく、進行すると安静時でも症状が現れます

そもそも脊柱管とは

脊柱管とは、背骨の中のトンネルです。トンネルの中には、脳から延びる神経である脊髄や馬尾神経などが通っていて、髄膜という膜で保護されています。神経はそこからさらに左右に枝分かれして、体の各部へと延びています。

その原因

脊柱管を取り囲む椎骨が加齢によって変形したり、靭帯の肥厚や椎間板の膨隆などによって脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで発症します。これには、生まれつき脊柱管が狭いことも大きく関係しています。すべり症や、椎間板ヘルニアに続いて発症することもあります。

脊柱管の中を通る脊髄は、腰椎のあたりから、馬のしっぽのように細く何本もの神経に分かれ、束になっています。この部分が馬尾神経で、ここが圧迫されることによって、下肢全体のしびれや痛みを引き起こします。これが馬尾型です。馬尾神経はそれぞれ分岐して足へと延びていますが、その分岐した神経の根元が圧迫されることで症状が現れるのが神経根型です。これは、どちら側の神経根が圧迫されているかによって、片側だけに症状が出る場合も多くあります。

発症は50代以降の高齢者に多くみられ、重労働などで腰に負担をかけてきた人、長時間同じ姿勢を続ける環境にあった人などはなりやすいといえます。

その治療法

脊柱管狭窄症の治療は、保存療法と手術療法とに分けられます。重症でなければまず保存療法を行います。

  • 保存療法…薬物療法、神経ブロック、装具療法、運動療法、理学療法など。
  • 手術療法…保存療法で効果が得られない場合や、重度の症状が認められる場合は手術を検討。除圧術と固定術がある。

保存療法は多岐にわたりますが、薬物療法としては、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬、また、間欠跛行に効果的とされるプロスタグランジンE1製剤などが用いられます。安静時にもしびれがある場合は、抗うつ薬や抗てんかん薬で改善がみられることもあります。投薬で効果がなければ神経ブロックを行います。神経ブロックは、診断材料としての役割もあります。また、理学療法として、牽引や温熱治療も取り入れられます。手術は、神経への圧迫を取り除く除圧術で改善することもあれば、さらに骨を固定する固定術も行う場合があります。狭窄の箇所が少なければ、内視鏡を使った手術も行われます。

脊柱管狭窄症の改善への取り組み

脊柱管狭窄症を改善するためには、もちろん医師の診断と適切な治療が必要です。一方で、自分で取り組めることにはどんなことがあるでしょうか。脊柱管狭窄症に限らず腰痛全体に言えることですが、一つは、しっかりと腰を支えることができるよう、腹筋や背筋を強化することです。と言っても、きついトレーニングをしなければいけないというわけではなく、適したストレッチを日常に取り入れてこつこつ続けるだけでも効果を得ることができます。また、腰に負担をかける動作をしないことや、血流をよくするよう心がけることも大切です。そして、必要な栄養を十分に取り入れることも意識して、毎日の食事に加え、サプリの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報