こんな腰痛もある!アナタの腰の痛みはどのタイプ

このカテゴリでは、つらい腰痛の代表的な症状を取り上げています。痛みのタイプによって、対処法は異なります。

腰痛の種類を明らかにしましょう

「突然腰に激痛が走り、動けなくなった」
「じっとしている時は平気だが、長距離を歩くことができず、何度も止まってしまう」

一口に腰痛といっても、その種類はさまざまです。いわゆるぎっくり腰のように急激に起こるものや、はっきりしたきっかけはないけれど痛いといった状況のものなど、原因が違えば、現れる症状も違ってきます。

そしてもちろん、その症状に合った対処の仕方が必要です。自己判断で放置したり、誤った手当をしたりすると、長引いたり悪化したりということにもなりかねません。病院で受診し医師の指導にしたがって、適切な治療を受けることが大切です。

腰痛の原因はさまざまで、重い物を持ったり、普段しないような激しい運動をしたがために、腰に強い負担がかかって痛みが出る場合や、普段の生活の中での動作や姿勢の悪さから、腰に疲労が蓄積して痛みとなる場合、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、腰そのものに異常がある場合などがあります。内臓疾患や心因性のものといった、整形外科的要素以外が原因の場合もありますが、その場合ももちろん専門医を受診することが必要です。ここでは、整形外科的要素を原因とした腰痛の代表的な症状や対策についてリサーチしています。

その腰痛は急性?慢性?

腰痛には、急性と慢性とがあります。おおむね、発症から4週間程度で痛みが治まるものが急性腰痛、4週間以上痛みが続き、3か月以内に治まったという場合は亜急性腰痛、3ヶ月以上痛みが続くものが慢性腰痛とされています。

急性腰痛といえばやはり、ぎっくり腰です。ふとしたきっかけで発症し、数日で治ることもあれば、数週間から3ヶ月程度痛みが続くこともあります。最初は痛みが強いので安静が大事ですが、少しでも動けるようになったら、動ける範囲で動いたほうが回復が早いとされています。また、患部を温めて血流をよくすることで、治癒を促進するという研究結果もありますが、激しい痛みを軽減するためには冷やすのが効果的です。

一方、ダラダラと鈍痛の続く慢性腰痛は、温めることで楽になります。原因の明らかなものとして、たとえば椎間板ヘルニアや脊椎すべり症、変性側弯症などがありますが、慢性腰痛の多くは、はっきりした原因がなく、加齢や、日常生活の複合的な要因によって引き起こされているといわれます。ですから、生活習慣の見直しや、体質の改善などを考えていく必要があります。

急性にせよ慢性にせよ、まずはきちんと診察を受け、症状に合った対策をとるようにしましょう。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報