腰痛に効く座り方

このページでは、腰痛予防・対策のための正しい座り方や悪い座り方について解説しています。

腰痛予防に効果的な正しい座り方

  • 正しい床の座り方

床に座る場合は、正座が正しい姿勢です。正座は背筋がスッと伸びて、重心が左右どちらかに傾くということもありません。腰への負担が少ない状態であり、腰痛予防になります。

ですが、正座にあまり慣れていない場合は、足がしびれてしまうもの。そのような場合は、腿と膝の間に座布団を入れて座るか正座補助椅子を使うと、非常に楽に正座ができます。

  • 正しい椅子の座り方

椅子に座る場合は、自分の座高にあった高さで、座面は柔らか過ぎないものを選びましょう。膝がお尻よりも少し高めになるように、さらに足の裏が床にしっかり付くように、ひざ下の角度をまっすぐ90度にします。

その姿勢で、背もたれにお尻がつくくらい深く腰掛けます。その時、両足は膝をこぶしが1~2個入るくらい開けるといいでしょう。

  • 腰痛対策クッションで座り方を矯正

最近では、さまざまな腰痛防止クッションが発売されています。中には、ドクターが考案したウレタン素材を使用したクッションもあります腰痛対策クッションは、体圧を分散するため、腰痛軽減に効果的です。

椅子だけではなく、クッションの利用もおすすめです。

腰痛を引き起こす悪い座り方のパターン

  • 横座り

    女性には、両足をどちらかにずらした横座りの体勢をとる方が多いと思いますが、この体勢は背骨を曲げて座るので、腰によくありません。

  • あぐら

    正座が辛い男性が床に座る場合、あぐらの体勢をとるかと思います。長時間座っていると、腰がだんだん倒れて背中が曲がり、前かがみになってきます。これも背骨が歪んだまま座ることになりますので、腰にはよくありません。

  • 片ひじをつく姿勢

    片手はあごの下に置いて、ひじつきの姿勢になる事はありませんか?ひじをついた姿勢が常になると、あごが突き出し、背中が曲がり、前かがみになってきます。背骨が歪んだまま座ることになりますので、これも腰にはよくありません。

  • 背中が丸い姿勢

    パソコン画面や資料に集中するあまり、ついつい前のめりになって背中が丸まってしまう方も多いと思います。これも背骨が歪んだまま座ることになりますので、おすすめできません。

  • 背もたれに寄りかかる姿勢

    必要以上に背もたれに寄りかかり、椅子の前方に座りこむ姿勢、これも腰に負担がかかりおすすめできません。

  • 脚を組む姿勢

    無意識にやってしまう人が多い脚組み。これも骨盤にゆがみが生じ、腰に負担がかかるのでよくありません。

  • 椅子、ソファー

    腰が沈み込むような椅子やソファーは、はじめは楽ですが、長時間座っていると腰に負担がかかってしましいますので、おすすめできません。

腰痛の原因はさまざまです。正しい座り方を学び、適度な運動や、生活習慣全般を見直しながら、サプリメントや栄養バランスの取れた食事で対策することで、つらい腰痛が予防、改善されることがあります。

苦しい腰痛を和らげてくれる成分を含んだ
おすすめサプリメントランキングはこちら>>

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報