腰痛を予防する食事とは

このページでは、腰痛予防に役立つ栄養素や食事を紹介しています。

腰痛予防に役立つ栄養素・食事

私たちの体を形作っているのは、毎日の食事から摂取される栄養素です。

腰痛を予防するためには、骨や靭帯、そして筋肉に必要な栄養素を含む食品を、積極的に摂ることが大切です。

カルシウム

腰骨や背骨を丈夫に維持するためには、、骨量低下を防ぐカルシウムが不可欠。吸収率が低下する中高年は、特に意識してカルシウムの多い食材を選ぶことが必要になってきます。

【カルシウムを多く含む食品】
  • 牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品
  • 小魚、煮干、しらす干し、干し海老
  • バジル、パセリ、小松菜などの野菜

同時に適度な運動を行うことで、強い骨作りを実現していきましょう。

ビタミンD

ビタミンDにはカルシウムの吸収を高める役割があります。また腎臓を通過して排泄されたカルシウムを、再吸収させる役割もあるので、ぜひ積極的に摂取したいもの。

【ビタミンDを多く含む食品】
  • 筋子やいくらなどの魚卵
  • きくらげ(乾燥)
  • 鮭、にしん、さんまなどの魚類

葉酸

痛みを引き起こす末梢神経を修復する成分。腰痛による痛みや痺れの予防や改善に役立ちます。

【葉酸を多く含む食品】
  • 鶏、牛、豚などの肝臓レバー
  • 枝豆、ほうれん草、モロヘイヤなどの野菜
  • 焼きのり

ビタミンE

毛細血管を広げる働きがあるので、冷え性などの血行を改善に役立ちます。また筋肉に栄養分を運びやすくするので、筋力トレーニングの後に、積極的に摂取しましょう。

【ビタミンEを多く含む食品】
  • たらこや筋子、いくらなどの魚卵
  • かぼちゃや赤ピーマン、しそなどの野菜
  • アーモンド

グルコサミン

関節の軟骨に含まれる成分で、加齢とともに体内での産生が減少します。食品から摂取できるのは微量なので、サプリメントを活用するとよいでしょう。 

【グルコサミンを多く含む食品】
  • エビやカニなどの魚介類
  • 長芋、山芋などの野菜

バランスの取れた食事を規則正しく摂取し、腰痛に負けない体作りを目指していきましょう!

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報