あなたの腰痛度チェック

このページでは、腰痛チェック表を掲載しています。

いますぐチェック!あなたの腰痛度

「近ごろ腰の痛みが気になる…」、そんな状態を放置しておくと、痛みが慢性化してしまう場合があります。

クローバー画像腰痛がひどくなると、日常生活にも影響が出てきます。痛みのレベルをきちんと把握し、必要に応じてケアを行う必要がありますから、ぜひ以下のチェックを実施してみてくださいね。

□太り気味である。
□体は硬い方である。
□猫背または腰を反り気味など、姿勢の悪さを自覚している。
□仕事上で座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢で過ごすことが多い。
□重い荷物を持ち上げることが多い。
□バッグなどを左右どちらか片側で持ち続けてしまう。
□座るときはあぐらをかく、横座りをすることが多い。
□朝起きたとき、腰を重く感じることがある。
□夕方になると、腰周りに疲労を感じる。
□生活が不規則になりがちである。
□身体が沈み込むようなやわらかい寝具で寝ている。
□ストレスを感じることが多い。
□休日には適度な運動を心がけている。
□ゴルフやテニスなど、体をひねるスポーツの習慣がある。
□日常生活の中であまり歩く機会がない。
□以前腰痛になったことがある。

チェック数が9~16

腰痛危険度がかなり高め。もしかしたらすでに兆候を感じているかもしれません。積極的に対策を立てる必要があるでしょう。

仕事中の姿勢に気をつける、腰に負担のかかる動作を行う前にコルセットなどを着用する、ストレッチを行うなどの腰痛対策を実践してください。

また生活習慣に腰痛の要因がある場合は、改善に努めてください。体重が気になる場合、減量への努力も不可欠です。

チェック数が5~8

腰痛危険度がやや高め。筋力バランスが崩れかけている可能性があるので、ストレッチや運動習慣をつけていきましょう。

また、仕事中の姿勢にも常に気を配る必要があります。

チェック数が~4

現状では腰痛危険度が低め。腰への負担が少ない生活を送っているため、心配は少なそうです。

この状態をキープするため、日常の姿勢悪化や運動不足に陥らないよう注意してください。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報