栄養素・サプリ

つらい腰痛の緩和対策として、サプリメントで摂取したい栄養素を調べています。

腰痛対策にサプリメントで摂取したい栄養素

腰痛の改善や再発予防には、適度な運動が推奨されますが、必要な栄養素を摂って身体の内側からアプローチするという方法もあります。

以下で腰痛対策へおすすめの栄養素を紹介しますので、参考にしてください。

グルコサミン

腰痛の原因の一つとなる軟骨(椎間板)の弾力低下。グルコサミンはその軟骨の再生に働きかけると言われています。

もともと軟骨内に存在している成分であり、関節の曲げ伸ばしをスムーズにして、運動機能を改善してくれるのです。

また近年の研究の結果では、炎症を抑える作用があることも分かっており、つらい痛みの緩和にも役立ってくれるでしょう。

  • グルコサミンを含む食品…エビ、カニ、長芋など

コンドロイチン

軟骨の保水力を高めて関節を柔軟にする成分です。こちらも、もともと軟骨内に存在していますが、加齢とともに減少しますので、補充を心がけたい栄養素です。

軟骨の擦り減りを抑制する働きもあると言われています。

  • コンドロイチンを含む食品…納豆、なめこ、山芋、オクラ、ウナギ

カルシウム

身体の中に存在するカルシウムの大半は、骨や歯などに蓄えられています。

しかし血液中の機能カルシウムが足りなくなると、骨や歯から取り出されることとなり、やがて腰痛を伴う骨粗鬆症などを招きます。積極的に摂取するよう心がけましょう。

  • カルシウムを含む食品…魚介類・海藻類・乳製品・緑黄色野菜など

ビタミンB群

ビタミンBは以下の4種類に分類されます。

・ビタミンB1(チアミン)

・ビタミンB2(リボフラビン)

・ビタミンB6(ピリドキシン)

・ビタミンB12(コパラミン)

この中でも、腰痛対策として脚光を浴びているのがB1とB12

B1は毛細血管を拡げる働きで血行を改善してくれます。B12は神経の機能維持に関与し、腰痛を和らげる働きが期待されています。

  • ビタミンB1を含む食品…豆腐、玄米、うなぎ
  • ビタミンB12を含む食品…牛レバー、牡蠣

ビタミンE

血液の循環を良くし、筋肉疲労の回復を助ける成分です。

  • ビタミンEを含む食品…豆腐、ほうれん草、かぼちゃなど

上記の成分を積極的に摂取して、腰痛にアプローチしていきたいものです。

しかし、各成分の摂取を毎日の食事だけでカバーしていくのは、大変な作業です。

食生活の改善と同時に、人体に吸収されやすい工夫が施されたサプリメントの摂取で、腰痛対策を行っていきましょう。

苦しい腰痛を和らげてくれる成分を含んだ
おすすめサプリメントランキングはこちら>>

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報