漢方

このページでは、腰痛の症状別に効く漢方について紹介しています。

腰痛対策に服用したい症状別おすすめ漢方

症状によって漢方はたくさんあります。自分の症状に適した漢方を 紹介しますので、参考にしてください。

ぎっくり腰

重いものを持ち上げた場合や、急激にカラダを動かした場合に、筋肉の緊張やねじれが加わり、血流が悪くなり、腰に激痛が走ります。

  • 疎経活血湯(そけいかっけつとう)

効能…関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛。

働き…血流や水分循環を改善して痛みを緩和します。 その作用から、関節痛や神経痛、腰痛、筋肉痛、冷えや肩こり、 高血圧などに効果があります

  • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

効能…胃痛、腹痛、筋肉痛、神経痛、腰痛、肩こり、生理痛

働き…胆石や尿路結石による痛み、胃腸や胆のう、尿路や子宮などの平滑筋など、急激な痛みに効果があります。

冷えによる腰痛

疲労や体調不良によって、血流が悪化し体が冷えることにより、肩こりや腰痛を引き 起こします。

  • 苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅっかんとう)

効能… 腰冷、腰痛、坐骨神経痛、夜尿症

働き 体を温め、腰痛を緩和し、下半身の冷えが強く痛みをともなうときに適します。 また、尿量や排尿回数が多い場合にも効果があります。

  • 桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)

効能…関節痛、神経痛

働き… 体を温め、痛みを緩和させる作用があり、関節痛や神経痛、冷えによる痛み、手足の痺れやこわばりに作用します。冷え症で、体力の低下している人に効果があります。

  • 真武湯(しんぶとう)

効能…慢性下痢、胃下垂症、低血圧症、高血圧症、慢性腎炎

働き…体をあたため、体の機能を高める働きがあり、水分の循環を促進して痛みを緩和する効果もあります。 冷え性でやせ型、体力が低下が著しく、下痢や腹痛を起こしやすい人に効果があります。

腎機能の低下による腰痛

過労や老化、虚弱体質などが原因となり、腎機能が低下します。 腰の痛みは鈍痛で強くなく、疲れたときに症状が悪化しやすいのが特徴です。 慢性化しやすく、腰痛の中でも最も多い症状といえます。

  • 八味丸(はちみがん)

効能…血糖増加による口渇、糖尿病、動脈硬化、慢性腎炎、腰痛、萎縮腎、しびれ、浮腫、陰萎、坐骨神経痛、産後脚気、更年期障害、むくみ、低血圧

働き…足腰、泌尿器など下半身の衰えによる足や腰などの痛みやしびれ、腎機能低下による乾燥肌のかゆみ、性機能低下、むくみ、湿疹、夜間頻尿などに用います。また、上記症状をともなう前立腺肥大症または糖尿病に効果があります。

  • 六味丸(ろくみがん)

効能…排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ

働き…疲れやすくて尿量減少又は多尿で,ときに口渇がある方の排尿困難,頻尿,むくみ,かゆみに効果があります。

ドロドロ血による腰痛

精神的なストレスが原因で、自律神経のバランスが崩れることにより、ドロドロ血液になり、刺すような痛みを伴った腰痛を起こします。

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

効能…冷え症、アトピー性皮膚炎、虚弱体質、不妊症、月経不順、慢性肝炎、更年期障害、血の道症

働き…血液循環を改善し体を温めます。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。

  • 血府逐オ湯(けっぷちくおとう)

効能…排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ

働き…血液循環を改善し、高血圧による頭痛、便秘、頭重、血便、肩こり、、慢性出血、動悸の改善に効果があります。

生活習慣の改善を心がけながら、上記症状にあった腰痛に効く漢方や飲みやすいサプリメントを積極的に取り入れていく事で、腰痛対策をおこなっていきましょう。

苦しい腰痛を和らげてくれる成分を含んだ
おすすめサプリメントランキングはこちら>>

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報