どうすれば和らぐ?腰痛の対策を調査

このカテゴリでは、腰痛へのさまざまな対策法をリサーチしています。

腰痛の改善・対策の方法とは?

つらい腰痛が持病になってしまうと、日常生活のわずかな動きにまで影響が出てきてしまいます。完治するまでは上手に付き合う、あるいは痛みを軽減するための対策を講じていきたいものです。

とは言え、まず大切なのは整形外科(病院)できちんと検査を行い、原因を特定することです。腰痛を引き起こす要因はさまざまなので、自己判断で誤った治療を選択すると、症状が悪化してしまう可能性がありますよ。

整体院や整骨院、接骨院などの民間療法は、整形外科での検査や治療を行う中で、医師に相談のうえ、取り入れていくのがベターです。

またそれ以外にも、サプリメントによる栄養補助やコルセット着用など、腰痛緩和に役立つ方法がありますので、要チェック。

本カテゴリの各ページを参考に、あなたに合う腰痛改善アプローチを選んでみてください。そして痛みの少ないヘルシーライフを、1日も早く実現してくださいね!

栄養素・サプリ

腰痛を改善させるためには、まず体の内側から変えていくことが大切。そこで必要なのが、腰痛改善に一役買ってくれる栄養素の存在です。

腰痛の主な原因の1つと言われているのが、骨と骨の間にあり、クッションの役割を果たしている椎間板の弾力低下。

軟骨とも呼ばれるこの箇所の弾力が低下すると、関節がスムーズに動かなくなったり、骨と骨が擦れあって炎症を起こしてしまうことがあるのです。炎症を起こしてしまうと痛みを引き起こすので、運動はもちろん、歩くこと自体つらくなる場合もあります。

そんな重要な役割を果たしている軟骨に働きかけてくれるのが、グルコサミンやコンドロイチンです。

グルコサミンには炎症によるつらい痛みを緩和する作用があります。また、コンドロイチンには軟骨の保水力を高める作用があるほか、軟骨の擦り減りを抑制する働きがあるので、腰痛改善のために摂取しておきたい栄養素と言えるでしょう。

次に腰痛の原因になると言われているのが、体内のカルシウム不足です。

体内に存在しているカルシウムの99%は骨や歯に、1%は血中に貯蔵されています。しかし、血中のカルシウムが不足すると、骨や歯に貯蔵されていたカルシウムを使って補うため、骨や歯のカルシウムが不足していってしまうのです。

これが原因で起きるのが、骨粗鬆症。骨粗鬆症は、腰痛を伴うだけでなく、背骨の彎曲や骨折に繋がってしまいます。カルシウム不足に陥らないためにも、意識的に摂取するようにしましょう。

他にも、毛細血管を広げる働きを持つビタミンB1や、神経の機能維持の役割を果たすビタミンB12も、腰痛を和らげる効果が期待できます。血液の循環を良くしてくれるビタミンEも、腰痛改善に効果が期待できるので、意識して摂っていきましょう。

これらの栄養素が含まれている食品について、詳しくは「栄養素・サプリ」のページをご参照ください。

漢方

腰痛改善の効果を求めるなら、漢方の力を借りるのも1つの手です。

生薬を組み合わせて処方される漢方は、即効性はないものの、継続して飲み続けると効果が持続するという特徴があります。一口に腰痛と言っても、その症状によって処方される漢方が違うので、自分に合った漢方を選ぶようにしましょう。

例えば、ぎっくり腰になった時には、関節痛や神経痛、腰痛、筋肉痛などに効能のある漢方がおすすめ。

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げた時や、急激にカラダを動かした時になりやすいので、無理は禁物です。無理に力を加えることで、筋肉の緊張にねじれが加わり、血流が悪くなった結果、腰痛を招いてしまいます。

冷えが原因で腰痛になった時には、腰冷や腰痛、坐骨神経痛などの効能のある漢方がおすすめ。

冷えによる腰痛は、体調不良や疲労の蓄積などの原因によって、血流が悪くなることで体が冷えた結果引き起こされます。肩こりも併発されることがあり、目覚めの悪さや倦怠感に繋がることもあるようです。

腎機能の低下が原因で腰痛になった時には、排尿困難や頻尿、むくみ、かゆみ、糖尿病、動脈硬化、慢性腎炎などに効能のある漢方がおすすめ。

腎機能が低下してしまう原因としては、過労や老化、虚弱体質などが挙げられ、慢性化しやすい特徴があります。また、痛みの度合いは鈍痛で、疲れた時などに症状が悪化しやすい腰痛でもあります。

ドロドロの血液が原因で腰痛を覚える時には、虚弱体質や慢性肝炎、更年期障害、血の道症、頻尿、むくみ、かゆみなどの効能がある漢方がおすすめ。

ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れると、血液がドロドロになります。このドロドロになった血液が、刺すような痛みを伴った腰痛を誘発してしまうのです。

このように、腰痛の種類や痛みの出方によって、漢方を選ぶ必要があります。上記のそれぞれの症状に合った漢方についての詳しい情報は、「漢方」のページをご参照ください。

コルセット・ベルト

腰の痛みを改善してくれるアイテムとして支持されている、コルセットやベルト。腰痛に悩まされる人の中には、すでに活用している方も多いと思います。

コルセットやベルトが持つ作用は、腰を固定して、骨への負担を軽減させること。腰痛は、腰を動かすことで痛みが生じるので、腰の動きを制限したり、腰部や体幹を安定させることが大切なのです。

その他の効果としては、腰部を温める保温効果が挙げられます。腰痛は冷えることで悪化することも少なくないので、日ごろから腰回りを冷やさないように意識し、血液の循環を良くすることを心がけましょう。

この腰痛の方の必須アイテム、コルセットとベルトの2種類がありますが、効果の差はほとんどありません。違いと言えば、一般的にベルトと呼ばれるものは市販のものが多く、コルセットと呼ばれるものは医療用であることが多いということくらいでしょう。

気をつけたいのは、正しい使い方。間違った使い方をしてしまうと、腰をサポートしてくれるどころか、かえって症状が悪化してしまう場合もあります。ベルトやコルセットを着ける正しい位置や、巻き方などを把握しておく必要があるのです。

もちろん、そんなに難しいものではないので、医師に相談してみたり、調べてみることをおすすめします。

また、コルセットやベルトにもそれぞれ種類があり、コルセットは大きく硬性と軟性の2つに分けられます。コルセットの種類についての詳しい解説は「コルセット・ベルト」のページをご参照ください。

整体・整骨院・接骨院

腰痛改善と疲労回復を求めている方にオススメなのが、整体や整骨院・接骨院を利用すること。

この3つの違いがよくわからないという人も多いと思いますが、実は整骨院と接骨院は呼び方が異なるだけで、同じものを意味しています。

整骨院(接骨院)の特徴は、「柔道整復師」という国家資格を持った先生が施術をおこなってくれる点。柔道をルーツにした日本の伝統療法を施してくれます。

柔道整復師には、健康保険が使用できる開業権があるため、施術を受ける際は保険適用が可能です。また、骨折や捻挫、脱臼、打撲、挫傷の治療の専門家なので、スポーツをする人が通っていることも多いです。

治療方法は主に、手を使って治療箇所をほぐす手技治療、専門機器を使用して筋肉をほぐす電気治療、筋肉の腫れや痛みを緩和・軽減させるテーピング治療の3つです。

整骨院(接骨院)の先生は、みんな資格保持者であるのは当然のことですが、担当する人によってその技術や効果の差はさまざま。自分の性格や症状に合った先生を探しましょう。

一方の整体は、はっきりとした資格がなくても開業することができます。基本的には矯正やマッサージを行うのですが、専門的な知識や資格がないのにもかかわらず施術をおこなっている場合もあるので、注意が必要です。

はっきりとした資格がない分、治療内容に制限はありませんが、保険も適用されず、通院は自己責任になります。整体に通ったことで、かえって腰痛が悪化した人も少なくありません。

ただ、全ての整体が悪いというわけではなく、中にはしっかりとマッサージをしてくれるところもあり、血流を良くすることで、腰痛改善につながった人もいます。

整体も整骨院と同じく、担当する整体師の腕によって効果が大きく異なってくるので、通院するかどうかは慎重に考えたほうが良いでしょう。

整骨院(接骨院)で行える治療内容、整体で行える施術内容について詳しく知りたい方は、「整体・整骨院・接骨院」のページをご覧ください。

整形外科

腰痛を改善したいなら、まずはその原因を突き止めることが大切です。

病院での検査や治療には保険が適用されますし、必要な時はレントゲンやMRI、血液・尿などの検査をおこなってもらえます。もちろん、国家資格を持った先生や看護師が担当してくれるので安心です。

わからないことがあれば気軽に質問でき、生活指導までおこなってくれるという利点もあります。

病院では、症状に合わせて5つの治療法が用意されています。

  • 消炎鎮痛剤や筋弛緩剤が処方される薬物療法
  • 遠赤外線やレーザーを使用して患部を温め血行を良くする温熱療法
  • 局所麻酔剤を注射することで神経の働きを一時的に遮断させ、痛みが伝わらないようにするブロック療法
  • 重りまたは電力を利用した専用器具で腰椎を引き伸ばす牽引療法
  • 重症の椎間板ヘルニアや脊椎すべり症などの場合に適用される手術療法

いくら人気だったり有名な治療方法でも、それが自分に合うとは限りません。医師と相談の上、自分にとって最も良い治療方法を選ぶことが大切です。

腰痛改善のためには、適切な治療方法と姿勢の矯正、適度な運動を行うように心がけましょう。腰痛そのものは、1日で症状が出るものではないので、改善する際も日々の積み重ねが大切なのです。

整形外科での治療については「整形外科」のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

もっともおすすめの腰痛対策はこちらで紹介しています>>

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報