妊娠による姿勢の悪さ

このページでは、妊娠中におこる腰痛の対策方法や原因について説明しています。

妊娠中に起こる腰痛の対処法

妊娠による腰痛・4つの対処方法

1)日常の動作

重たい荷物や、お子さんを抱っこする時などは、腰を曲げずに片膝を床につけて、ゆっくりと自分のペースで持ち上げます。なるべく前かがみにならないように気をつけましょう。

2)骨盤ベルト

痛みがつらいときは、骨盤ベルトで骨盤を固定する方法もあります。骨盤ベルトは、骨盤のゆるみや歪みを防いだり、矯正のサポートをして腰痛や便秘を予防します。 妊娠中は、ベルトの装着位置によっては、胎児に影響を及ぼす場合がありますので、使用方法には注意が必要です。

3)エクササイズ

筋肉をほぐすエクササイズで腰まわりの血流をよくし、体を温め腰痛を軽くしましょう。ウォーキングのほか、腰に手をあて、フラフープを回すように腰をゆっくり水平に回す骨盤体操もおススメです。

4)マッサージ

妊娠中はうつぶせの姿勢が難しいので、うつ伏せに寝て、片足を曲げる姿勢や横向きに寝る姿勢で、優しく腰をマッサージする。または椅子にまたがった姿勢で、背中から腰をマッサージすると、腰痛も楽になります。

妊娠中に起こる腰痛の原因とは

  • 姿勢変化にともない、背中が伸びることで腰痛が起こります

妊娠すると体重が増加し、姿勢の変化が起こります。そしてお腹が大きくなり、体が前方に移動する事によって、腰や背中に負担がかかります。

その姿勢になると背中全体の筋肉で重心を後方にとってバランスをとろうとし、背中を反った姿勢をとってしまい腰痛の原因になります。

  • 出産ホルモンにより骨盤が緩むことで腰痛が起こります

妊娠すると出産ホルモンが分泌されます。このホルモンは、赤ちゃんが狭い骨盤の産道を通って外に出られるように、関節や靭帯を緩める作用があります。

その結果、骨盤や背骨のつなぎ目が緩み気味になるため、腰痛が起きます。

上記の4つの対策方法を試すほか、腰痛発症初期から、漢方や手軽に始められるサプリメントなど、まずはできることから試してみましょう。

改善しない場合は無理をせず、医療機関などの診察を受けることをお勧めします。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報