腰の構造について

このページでは、複雑な腰の構造や損傷した場合に起きる症状について、詳しく説明しています。

つらい腰痛の原因になる腰の構造

  • 脊椎

私たちの姿勢を維持できているのも、中心となっている脊椎があるからです。脊椎は、一般的に背骨といわれている部分を指します。正常な脊椎はS字カーブをしています。

脊椎がS字カーブをしていることにより、足から腰への衝撃を吸収し、体全体のバランスを保つことで、腰や背中まわりの靭帯や筋肉の負担が軽くなります。

S字カーブの姿勢は体重を効率よく支えバランスを保つために、欠かせない理想的な姿勢と言われています。

損傷して起きる症状

腰痛の原因は腰椎の部分で、第4、5腰椎に問題があり異常が起きるケースが多いと言われています。

日常生活の中では、腰椎に負荷をかける動作をとることも多く、腰痛を引き起こしやすくなっているのです。

腰痛には数多くの原因があります。加齢による靭帯、腹筋・背筋の衰えや、神経の圧迫、腰椎に強い負担がかかった場合や、腰椎の関節の炎症など、様々な原因があります。

  • 椎間板

脊椎は24個の椎骨の結合体ですが、骨の間に椎間板と呼ばれる衝撃を吸収するための役割をする軟骨組織があります。

ドーナツ構造になっている椎間板には、中心部に髄核というゼラチン状の組織があります。

その髄核のまわりに、繊維輪軟骨と言われる軟骨組織があり、椎間板はこの2つから成り立っています。

損傷して起きる症状

腰痛の原因で比較的多い「椎間板ヘルニア」は、椎間板の外枠である線維輪に亀裂が入ることが原因で起こります。

その隙間から中心部分の髄核が飛び出し、押し出された部分が神経に当たるため、腰に激痛が起きるのです。

ひどい場合には、下半身の痛みやしびれといった坐骨神経痛を伴います。

  • 脊柱管(せきちゅうかん)脊椎中枢神経

脊椎の中心には、脊柱管という空間があります。その内部には重要な神経である脊髄中枢神経があります。

脊髄中枢神経は、体全体に脳からの信号を末梢神経に伝える役割をしています。

損傷して起きる症状

「完全損傷」…脊椎中枢神経の損傷がひどい場合、脳からの信号は届かず運動機能や感覚知覚機能が失われ、「感じない、動かない」という麻痺状態になります。

「不完全損傷」…脊椎中枢神経の一部が損傷した場合は、一部機能や感覚知覚機能が麻痺した状態になります。

  • 筋肉

特に重要な筋肉は、腹筋、背筋、脊柱起立筋、大殿筋の4つです。この筋肉は、からだの中心にある腰椎への負担を軽減し、かつ腰椎を前後左右から支えながら、S字カーブを保つ役割を担っています。

損傷して起きる症状

腰の筋肉に疲労がたまると、筋肉が炎症を起こし、にぶい痛み、こり、だるさ、重さなどを生じる腰の筋肉痛(筋・筋膜性腰痛)が生じます。

また、腰の筋肉や靭帯が疲労で弱った状態で腰を急にひねったり、荷物を持ち上げようとして腰に大きな負荷がかかると、筋肉が捻挫し、ぎっくり腰のような急で激しい痛みに見舞われることもあります。

腰痛の原因はさまざまです。適度な運動や生活習慣全般を見直しながら、サプリメントや栄養バランスの取れた食事で対策することで、つらい腰痛が予防または緩和されることがあります。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報