苦しい腰痛を改善するためのお助け情報

腰痛の改善方法

老化や妊娠、ストレス、体質の変化など、どれだけ気をつけていてもさまざまな原因によって、腰痛は引き起こされます。
腰の痛みイメージ「腰痛なんて、すぐ治る」というイメージから、何もしない方も多いのではないでしょうか?そう思い込んで放置してしまうと、症状が悪化するだけでなく、痛みが慢性化することがあります。

腰痛は、内臓疾患やストレスが原因で引き起こされることもありますから、まず病院で原因をきちんと特定することが大切なのです。

しかし、腰痛の対策・改善は、日頃から自分で簡単に行えるものが数々あります。
つらい腰痛に負けない、スムーズな毎日を送るための対策方法と改善策をご紹介します。

ストレッチ
腰痛を和らげるにはストレッチはとても効果的ですが、自分の体に合っていないストレッチや、腰痛の痛みが増してくるような方法は効果的とは言えません。様々なストレッチがありますが、ここでは緊急時に役立つストレッチ法を一つ紹介します。

腰が痛くてすぐには動かせない人は…
1.座った状態で片方の足を伸ばす
2.つらくならない程度に前傾姿勢になる
3.突っ張った太ももの裏側を、おしりから膝のうらに向かってなでていく
4.片足10回ずつ繰り返す

軟骨の再生や炎症をおさえるグルコサミンや、関節や軟骨に働きかけるコンドロイチン、骨や歯の細胞をつくるカルシウムやビタミンB群、ビタミンEなど、これらを含む食品やサプリメントを摂取することで、腰痛対策と改善に大きな期待をもてます。

種類は何万ともいわれ、天然物を組み合わせ作られる漢方。腰痛といってもさまざまな症状があり、その異なる症状に合わせた漢方が存在します。生活習慣の改善と共に、自身の症状に適した漢方を選びましょう。

あくまでサポート器具ではありますが、腰痛をおさえ、腰にかかる負担を軽減させることができます。応急処置としては効果が期待できますが、再発防止やサプリメントによる改善補助具として用いましょう。

いずれも医療行為ではありませんが、腰痛に対してそれ以上の効果も期待できます。ただし、担当者との相性や効果の差があり、悪化してしまうケースもあるため、医院・クリニック選びを慎重に行う必要があるでしょう。

腰痛で気をつけなければならないのが、原因の自己判断です。隠された病気や正確な診断は、整形外科へ受診することをおすすめします。栄養素やサプリメントの摂取と合わせて利用しましょう。

整形外科で検査を受け手術などの特別な治療が必要ないと診断されたら、医師の指導のもと地道に改善へ取り組むことになるでしょう。

適度な運動などをすすめられると思いますが、その他にも簡単に習慣化できる腰痛改善アプローチがあります。それは、サプリメントの摂取です。腰痛に効果的だとされているグルコサミンやコンドロイチンといった成分を、必要な摂取量を食品から摂ることは難しいとされています。しかし、サプリメントだと効率的かつ十分な量を摂取することができます。

苦しい腰痛を和らげてくれる成分を含んだ
おすすめサプリメントランキングはこちら>>

腰痛改善に役立つ成分

サプリメントから摂取できる以下の成分には、つらい腰痛を改善する働きが期待できます。

  • サプリイメージグルコサミン
  • コンドロイチン
  • ヒアルロン酸

上記の3つ成分には、腰痛と関連深い椎間板などの軟骨を構成する成分です。
ですが体内で作られる量は、加齢により年々減少していきます。グルコサミンに関しては、生まれた時をピークに減少の一途をたどるのみです。食生活の中で必要量を満たすのはむずかしいので、サプリメントで簡単・効果的に摂取することをおすすめします。
以下にサプリメント愛用者の声を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

即効性はないと思いますが、数ヶ月飲み続けて辞めたらまた腰の調子が悪くなり、
再開したら腰痛が出なくなったので、効果はあるのだと思います。(30代男性)

サプリを飲み始めて、歩くこともしんどかった腰の痛みが改善されました。
これからもずっと飲み続けていくつもりです。(50代女性)

半信半疑で飲み始めましたが、数週間して急に腰が軽くなったように思えました。
特にこれまでは上体を起こすのが辛く、強い痛みが走っていたのですが、緩和されて楽に起きれるようになったんです。(60代男性)

座り仕事で姿勢も悪いせいか、腰痛が慢性化…。サプリと整体を併用するようになってからだいぶ調子が良くなり、痛みで仕事が進まないということもなくなりました。(40代女性)

いかがですか?たくさんの人たちがサプリメントで身体の内側から腰痛を緩和させています。

本サイトでは、腰痛に有効な成分の含まれたサプリメントを比較しています。ぜひチェックしてください。そして軽やかに動ける毎日を、1日も早く取り戻してくださいね!

※本サイトは個人が調査した内容をもとに構成しています。紹介している商品の情報は、2014年6月現在のものです。最新情報・詳細情報を知りたい方は、各商品の公式サイトをご確認ください。

腰痛のサプリメントってどうなの?

腰痛が重篤でなければ、サプリメントを試してみるのも選択肢の一つです。腰痛に効く成分に「グルコサミン」と「コンドロイチン」があり、サプリメントで摂取することができます。
グルコサミンは、元々人の体内に存在していて、痛みの原因となっている関節組織の炎症を抑制して、痛みを和らげる成分です。
コンドロイチンは、体内の粘液に含まれているアミノ酸のひとつで、ダメージを受けた軟骨を補修して再生させる効果があると言われています。
ここ最近、今までの運動療法や薬による保存的な治療以外に、軟骨保護効果を持つ新しい治療法が期待され、その有力な候補としてグルコサミンやコンドロイチンなどの食品成分に関心が集まっているそうです。

腰痛に効くグルコサミンとコンドロイチンを含んだ
おすすめサプリメントはこちら>>

腰痛の原因

日々の生活に支障をきたすつらい腰痛。「じきに治る」と放っておくことで、慢性化してしまうケースも少なくありません。

軽い症状であったとしても、腰に痛みを感じたのであればいち早く改善させたいところ。

腰痛の緩和はもちろん予防においても、まずは腰痛の原因を理解することが大切です。

なぜ腰痛になってしまったのか、どうなったら腰痛になってしまうのかを知ることで、腰痛の改善と予防をかんがえましょう。

悪い姿勢は気付かないうちに腰に多大な負担をあたえ、腰痛の原因の多くを占めるといわれています。腰痛改善・予防の第一歩として正しい姿勢を意識し、習慣化してしまった姿勢を見直しましょう。

デスクワークやご高齢の方に多く見られる、運動不足による腰痛。大腰筋、腹筋、背筋が衰えることで腰痛が引き起こされます。予防のためにも、腰痛に効果的な筋力アップ法をご紹介しますので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

診察を受けても原因が特定できない腰痛の場合、自律神経の失調や精神的緊張状態が続くなどの心因性による腰痛の可能性があります。ストレスとなる原因を解消しなければ改善も見込めません。原因が何なのかきちんと向き合いましょう。

24個の骨で背骨は構成されています。椎骨と椎骨のクッション剤として重要な役割を果たしている椎間板。20歳を過ぎたあたりから老化が始まり、水分の減少や弾力性の低下などにより、腰痛が引き起こされます。

妊娠をすると体重増加は避けて通れません。経過とともにお腹も大きくなるため、姿勢は背中全体の筋肉でバランスをとろうとします。結果、妊娠中の腰痛の大きな原因となります。

腰痛の治療法

腰痛の痛みを緩和するため、主に使用されているのが炎症を鎮めて痛みを和らげるNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎鎮痛薬)という薬です。シクロオキシゲナーゼという酵素の活性を阻害することで、痛みを生み出す原因となる発痛物質タグランジンの生成を抑制するという作用があります。

腰痛の理学療法でよく用いられる手法が、温熱療法・牽引・低周波治療法などあります。

温熱療法:痛みのある部分をあたためて代謝を促し、血管を拡大させて血の流れをよくすることで痛みを軽減させる効果があります。

牽引:腰を引っ張り、筋肉を伸び縮みさせることでマッサージ効果が与える治療法です。ただし、場合によっては腰痛を悪化させる場合もあります。

低周波治療法:腰に微弱の電流を流して、筋肉を収縮させるものです。

腰の固定や保護、動きの安定を目的とした器具を腰周りに装着することで、腰の痛みや負担を和らげる治療法です。装具とは身体機能をサポートするために体に取りつける器具で、サポーターやコルセットなどがあります。

局所麻酔剤とステロイド剤を痛みのある関節や神経に直接、または近くに注入する治療法です。一時的に痛みを和らげるだけではなく、痛みによって生じた筋肉の緊張や血管の収縮を抑える2次的な痛みに対しても効果があります。

日常生活に支障があり、自らが希望した際に行われます。

後方椎間板切除術:痛みのある箇所に背中側からメスをいれ、ヘルニアの切除をします。

椎間板固定術:スクリューやプレートなどで骨を固定する治療法です。術後の5~6ヶ月間はコルセットを装着しなければいけません。

経皮的椎間板治療法:メスを入れずにヘルニアを施術する、比較的新しい手術法です。レーザーを使用する場合は、健康保険が適用されないので治療代が高額になる恐れがあります。

腰痛の予防法

姿勢や筋力の衰え、生活習慣などは腰痛の大きな要因となります。腰痛となりうる原因を理解しておくことで、事前に予防することは可能なのです。

腰痛を経験された方はもちろん、まだなっていない方も、腰痛の苦しみは味わわないに越したことはありません。

いずれの予防法も、日常生活で取り入れることのできるものばかりです。腰痛予防を普段からしっかりと行い、腰痛の苦しみを回避しましょう。

職業性疾病(休業4日以上)において、約6割をも占める労災となっている腰痛。腰に負担の大きい作業を分業化する作業管理をはじめ、作業環境管理、健康管理体制をしっかりと整えることで、腰痛予防を第一に考えることができます。

腰痛予防のかなめとなる「骨・靭帯・筋肉」。これらを作るのに必要な栄養素であるカルシウムやビタミンD、葉酸、ビタミンE、グルコサミンを多く含む食品をバランスよく摂ることを心がけましょう。

日常生活において、姿勢というものは習慣づいてしまっているものです。しかし、立ち方や運動の仕方など、それぞれ腰の負担にならない正しい姿勢を意識することで、未然に腰痛を防ぐことができます。

一日の生活時間の中でも、わたしたちは長い時間を座って過ごしています。腰痛を回避するためには、腰に負担のかからない正しい座り方を、日常生活から実践しましょう。

休息の時間である睡眠時間。腰に負担のかかる寝方は、腰痛どころか体調面にも影響をおよぼします。寝返りがうてる環境づくりや自分に合った寝具選び、睡眠前後のストレッチが効果的とされています。

腰痛の種類

腰を後ろに反らすことはできるが、前に曲げると痛みが生じるタイプが多いのが特徴です。ストレッチをやりすぎたり、重い物を急に持ち上げたりすると、腰部の筋肉や靭帯が収縮・痙攣を引き起こし、痛みとなます。

症状が出ないことも多いですが、変形が進んで重度になると、手指や指に痺れを感じる神経根症状を引き起こす可能性があります。椎間板が老化して弾力性がなくなり、椎骨に過剰な力が加わることでトゲのような骨の出っ張りが作られるのが原因です。

腰椎の椎骨の一部分にヒビが入って悪化すると、前後に分かれてしまい脊髄が不安定になることで痛みが出る症状です。激しいスポーツをしている最中によって引き起こされるので、スポーツ選手や若年者などに多く見られます。

腰椎の骨と骨の並びがズレることで脊柱管が狭まり、神経根や馬尾神経が押し付けられる結果、太ももから下に痺れが出たり足が痛くなって歩行が出来なくなったりする場合があります。中高年の女性に多く見られる症状です。

椎骨の間にあるクッションの役割を果たす、椎間板の中身が外に出てしまうことによって生じる腰痛のことを言います。青年~中年に多く見られ、スポーツ時や日常の生活での動作がキッカケで発症することが多いのが特徴です。

加齢に伴って見られる症状で、靭帯の肥厚や椎間板の変性などで神経が圧迫されることで生じます。歩いているとだんだん下肢が痺れたり重くなったりして、痛みで歩くことができなくなり休むと回復するのが特徴です。生まれつきの先天性の人や、スポーツのやり過ぎや重い物を持ち過ぎたなどの後天性の人がいます。

50歳以上の女性に多く見られる症状です。加齢、運動不足、栄養の偏りなどのさまざまな要因が関係して骨質が悪くなったり、骨密度が減ったりすることで発症します。ちょっとしたことで骨折しやすくなるので、生活に支障を感じやすくなるでしょう。

硬くなってしまった筋肉繊維の断裂や、腰骨の靭帯や関節などの捻挫が原因で引き起こされる腰痛のことを言います。ほとんどの場合は数日経てば痛みが消えるのが特徴です。もし、ぎっくり腰と思っていた症状が長く続いたら椎間板ヘルニアの可能性があるので、すぐに病院に行くようにして下さい。

 
苦しい腰痛を改善するためのお助け情報